京都府向日市にある皮膚科・美容皮膚科クリニック

診療案内
アクセス

ホクロ

ホクロは俗称であり、正式には母斑細胞性母斑(ぼはんさいぼうせいぼはん)とやや長ったらしい名前です。

母斑細胞という細胞が皮膚の表面(表皮)から深い部分(真皮)にかけて増えており、その深さによって色調が黒~褐色~青色に見えます。
多くの場合は良性で放置可能ですが、悪性黒色腫や基底細胞がんといった悪性の腫瘍のこともあります。

当院ではダーモスコピーという特殊な拡大鏡を用いて良性か悪性か識別しますが、確定させるためには皮膚の一部を切り取って顕微鏡で確認しないといけません。

見た目が気になる場合、Qスイッチレーザー、もしくはピコレーザーを用いて除去可能です。
また、盛り上がったホクロに関してはCO2レーザーというレーザーを用いて平らに削ってからQスイッチレーザー、もしくはピコレーザーを用いて目立たなくしていきます。

 

PAGE TOP