京都府向日市にある皮膚科・美容皮膚科クリニック

診療案内
アクセス

尋常性ざ瘡(にきび)

にきび(尋常性ざ瘡)とは
にきびは10代から30代の青年期にもっとも多く見られる皮膚の炎症です。顔、背中、上胸部など皮脂が多い部位に発症しやすくなります。

思春期では皮脂の分泌が過剰になり、毛穴に皮脂や角質が詰まりやすくなります。そこで常在菌であるアクネ菌が増殖し、にきびの原因となってしまうのです。

にきびの治療法
治療方法としては、急性期、つまりにきびがたくさんあるときには増えすぎたアクネ菌をやっつけるため抗菌薬の内服や外用を行います。
それと同時に毛穴のつまりがにきびの原因となるため、毛穴をキレイに保つことでにきびを予防していくことが大事となります。

日本はアメリカやヨーロッパに比べてとてもにきび治療が遅れているのが現状です。にきびの治療・予防の薬(アダパレン、過酸化ベンゾイル)はアメリカでは2003年には広く普及していたにも関わらず日本で使えるようになったのは、アダパレンが2008年、過酸化ベンゾイルは2015年からです。

また、欧米では重症~最重症にきびに対してはイソトレチノインというビタミンA類似物質の飲み薬が使用されており、非常に高い効果を発揮しているにもかかわらず、日本では保険適応となっておりません。

にきび跡を無くすことは非常に難しく、費用も高価になることが多いです。そのため当院ではまずはにきびの予防、できてしまったにきびは早く治して跡を作らないように啓蒙活動に力をいれさせていただいています。

ニキビのワンポイントアドバイス
ニキビは予防が非常に重要である。
アダパレン(商品名 ディフェリンゲル)、過酸化ベンゾイル(商品名 ベピオゲル)は使い始めに刺激症状が強いため徐々に肌に慣らす使い方をする。
予防治療の効果発現まで最低3か月はかかるので根気よく毎日行う。
中等症~重症のニキビには抗生剤内服・外用。最重症には保険適応外だがトレチノイン内服治療もある。

PAGE TOP